お知らせ Information

scroll down

お知らせ Information

やまめの釣り堀はじまります。

4月2日(土)より、やまめの釣り堀「せせらぎ」の今季の営業がスタートします。
定休日は水・木です。


釣堀はお一人様1時間700円で、釣れた魚は1匹300円でお買い上げ頂きます。
お得なセットプランもあります。

◎お一人様3匹保証セット
1時間1,400円(4匹目〜1匹300円でお買い上げ)

◎お二人様5匹保証セット
1時間2,400円(6匹目〜1匹300円でお買い上げ)

釣ったヤマメは持ち帰ることができます。
また、釣ったりつかみ取りしたヤマメを+200円で塩焼きにしてお召し上がりいただけます。

※現在、お料理のご提供はしておりません。

近くには田篭グラウンドキャンプサイトもあります。
キャンプとやまめ釣りで1日山の中で過ごしてみては如何でしょうか。

<お問い合わせ>
やまめの釣り堀・つかみ取り「せせらぎ」
福岡県うきは市浮羽町田篭746
TEL 0943-77-5220

篭グラウンドキャンプサイト
田篭公民館横(https://goo.gl/maps/ejNVrrA9AWZtzpRr7)
Mail ukiha.camp@gmail.com

田篭の灯りオープン情報

予約受付開始は4月中旬の予定です。

田篭の灯りオープンまで今しばらくお待ちくださいませ。

※田篭の灯り「お宿」のオープンは、準備が遅れており6月になる見込みです。5月中には予約受付を開始すべく準備を進めております。お待ち頂いているお客様には大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。

ウェブサイトリニューアルのお知らせ

うきは小塩の灯りをいつもご利用頂きありがとうございます。

この度、うきは市小塩地区の「うきは小塩の灯り」、「佐藤家つつじ園」、さらに、うきは市田篭地区に新たにオープン予定の「田篭の灯り」の3つの宿のオーナーを中心に、
うきは市の中山間地区のより多彩な農泊体験をご提供するための協議会を結成致しました。

この協議会にて地域の事業者の皆様と共に新たな体験プログラムやフードプログラムの企画開発を行うと同時に、宿の予約を含めた受付体制の一本化を図り、皆様にお届けして参ります。

この新たなブランドを「うきはの灯り」と命名致しました。

これに伴い、当ウェブサイトをリニューアル致しました。

新たに田篭の灯りが加わり、うきはの山里でご自由にお宿をお選び頂けるサイトになりました。

引き続き、当サイトより

○うきは小塩の灯り
○佐藤家つつじ園
○空中庭園キャンプサイト

のご予約を受けたまわっております。

只今、田篭の灯りのオープンに向け、準備を行なっております。

予約受付開始は4月中旬の予定です。

田篭の灯りオープンまで今しばらくお待ちくださいませ。

今後もどうぞよろしくお願い致します。

うきはの灯り(うきは中山間地区農泊推進協議会)

 

春目前

佐藤家つつじ園(空中庭園キャンプ)の枝垂れ桜がもうすぐ見頃です。


ここまでくると、満開まであっという間です。


枝垂れ桜は駐車場にアーチを描いてお客様をお迎えします。


見事な枝振りで満開が楽しみです。

野草のご馳走

宿の敷地や里山の中には、食することができる野草がたくさんあるそうです。
今日は、インストラクターの先生にお越しいただき、そんな野草を集めてお料理をしてみました。

たんぽぽも、食べられる野草だそうです。


春の七草で有名なナズナ。

春の彩が食卓に揃いました。


韓国の伝統的餅菓子「ファジョン(花餅)」野草バージョン。


ハコベと梅干しの混ぜご飯

野草の中には毒があるものもあります。一見見分けが付かないものもあり、注意も必要です。野草を楽しく美味しく学べる体験も今後ご提供できないか検討してゆきます。

お重でお食事をお届けするプランを検討しています。

三段お重でお食事をお届けするプランを検討しており、昨日はその試作会でした。お料理は茅葺き屋根が目印の「里楽」さん。春にオープン予定の「田篭の灯り」には囲炉裏があることから、ヤマメや猪肉などをご提供することも検討しています。



お料理はお肉も含めてどれも地のものです。

ドリップが多い猪肉は角煮に。


お重は、ご飯(おにぎり)、おかず、デザートの3段。
レンジでの温めもできる容器ですので、ご飯物は暖かく、
デザートは冷たく冷やしてお召し上がり頂けます。



囲炉裏は、自然と時間がゆっくりになります。
炭火で頂くと味わいが違います。

ヤマメは、「田篭の灯り」の川の対岸にある、やまめの釣り堀・つかみどりの「せせらぎ」のものです。

 

全て地のもので揃えていますので、週に1組限りの限定メニューとなります。季節やお宿に合わせて、内容が変わってゆきます。夏前にはお届けできる予定です。

朝食素材をお届けするプランを検討中

小学校の時、初めての合宿でみんなで作ったカレーが美味しかった記憶、誰にもあるのではないでしょうか。「うきは小塩の灯り」にも、この春オープン予定の「田篭の灯り」にもキッチンが完備されていますので、うきは産の食材で、ちょっとした朝食をこしらえて頂くのも楽しいのでは?と、宿に朝食食材をご用意するプランを企画中です。
地元フードコーディネイターの高木亜希子さんに監修頂き、食材のセレクトや簡単レシピを検討をしています。昨日、オープン前の「田篭の灯り お宿」で試作や食材のセレクト会議をしましたので、少しだけその様子をご紹介します。



食材の宝庫でもあるうきは市。

 


和食スタイルで検討中の食材。



例えば、素材の美味しさが染み入る、シンプルな卵かけご飯と味噌汁。


「ちょっと一手間で同じ食材でもいろいろな楽しみ方ができますよ〜」と高木さん。
こちらは和食素材でのアレンジ。



こちらは洋食スタイル。


洋食スタイルで検討中の食材。

空中庭園キャンプで、こうした食材で朝食を頂くと最高に美味しそうです。早ければ夏前には第1弾が登場予定です。

日本みつばち養蜂体験スタート

「日本みつばち養蜂体験」第1回(Aグループ)の巣箱づくりを開催しました。

日本みつばち養蜂体験

この巣箱をつくります。


日本みつばち養蜂体験

手分けして流れ作業で木材を加工してゆきます。


日本みつばち養蜂体験

日本みつばちは神経質で、巣箱や環境が気に入らないとすぐに出ていってしまうそうです。喜んでもらえるよう心を込めて。


日本みつばち養蜂体験

組み上がった巣箱は腐りにくいように一旦焼き入れを行い、高圧洗浄機で表面を綺麗に洗い流します。


日本みつばち養蜂体験

完成した巣箱。今日は乾燥のため干すところまでで終了。次回は巣箱設置を行います。


日本みつばち養蜂体験

梅の花が咲き、冬から春への移ろいを感じながらの作業となりました。

 

梅が見頃を迎えました。

小塩の灯りの梅が満開を迎えています。
デッキに腰掛けてみると、近づく春の足音をお楽しみ頂けます。
お天気の良い日は、飲み物片手に日が傾くまで外でゆったりと過ごしてみては如何でしょうか。

page top